買い替え計画は早めが吉

車の買い替えが必要になるのは、こうした理由を見ると意外と急な出来事だということが分かります。

とはいえ、車がある程度古くなってきたり、何度か小さな故障があったりと、買い替えニーズが発生しそうだな、という予兆はあるものです。

車というのは、高価な買い物ではありますが、衝動的に決定をしてしまうことが少なくないものです。つまり、多くの人がその場で見て決めてしまうということです。


かに、車を買いに行くと分かりますが、車を買おうと思ってくる人がその場で決めてしまっても大丈夫なようなサポート、たとえば自動車ローンサービスや簡易見積もりなどがあり、勢いで決めたくなってしまうものです。

車の買い替えを計画的に進めるためには、日頃から車の情報を集めておくことが重要です。車の価格は季節や地域によって変化します。

また、新型車が出るタイミングや、車種の人気の変化によって価格が変化していきます。

車の情報を何となくでも知っておくと、いざ買い替えをしなければならないということになった時にも、すぐに、候補対象が浮かんできます。
タグ:買い替え

寒冷地仕様車への買い替え

車を買い替える時には、その車の仕様がどのようなものなのか、ということをきちんとチェックする必要があります。

車を買い替えようと考える理由が、雪国への転勤などの場合には特に注意が必要です。

一般的に売られている車の中には、寒冷地仕様車というものがあります。

これは、中部以北などで売られているもので、関東以西ではあまり見られないものです。

寒いところでは、氷点下10度以下になることも珍しくはないので、車の部品やスターターなどが寒くても対応できるようにできています。


こうした寒冷地仕様車はそうではない車に比べてやや割高です。

しかし寒いところで車に乗るのであればこうした寒冷地仕様車は必需品です。

温かいところから寒いところへの引っ越しは、車選びに関していうと、逆の場合よりも悩ましいものです。

車の査定額が思ったより低い場合

車を売ろうと考え、中古車業者などに車を持っていくと、査定というのを受けることになります。

査定というのは、持ちこまれた車の、現在の市場価格を算出するための評価のことです。

現在では中古車市場が大きくなり情報も整理されてきているので、車種ごとの大体の市場価格というものは、各社で共有されているようです。

さて、自分の車を売ろうと中古車業者で査定を受けてみると、実際には雑誌などで見ることができる市場価格から上下にぶれることも少なくはありません。

ここでは、車を売ろうと査定を受けたら思ったよりも価格が低かった場合を見てみましょう。

中古車の価格を決定する要因は、車種、年式、走行距離、傷やへこみといった外装、そして内装の状態、パーツなどのオプションです。

減点対象になるのは、臭いや汚れといった落ちにくいものや、純正品でないパーツなどのオプションです。

これらは、後で購入することになる人にとってはネガティブな要因なので、転売する人にとっては高値で売れなくなるというリスク要因になるためです。
タグ:査定額

引っ越し時の車の買い替え

転勤や家族の事情などで引っ越さざるを得なくなった時に、車をどうするのか、というのは頭を悩ませる問題です。

そのまま乗って行ければ問題はないのですが、引越し先の駐車場のサイズや、街のサイズなどを考えると車のサイズダウンをしなければならないということもあります。

引越しの時には、引越し先のことを多少は調べていくものですが、四季の移り変わりが全く異なるような場所だと、見に行った季節によって、印象は大きく変わります。

雪が深いところなどの場合、実際にどのくらい大変なのか、ということは体験してみないと分からないものです。

急に引っ越すことになった場合には、なかなか余裕を持って車を選ぶことはできませんが、少なくとも、引越し先に雪が降るのか、といった安全に関わる点についてはリサーチしておきましょう。

車選びを楽しくする方法

車を買い替えるきっかけの多くは、生活スタイルの変化ではないでしょうか。

たとえば、一人暮らしの時にはスポーツタイプの車に乗り、結婚してこどもができ、ファミリーカーに買い替える。

やがて年を取り、こどもが独立してセダンに買い替える。ありそうなパターンで考えてみても、人生で二回くらいは買い替える機会がありそうですね。


車はローンを組んで買う人が多いくらい、高価な買い物です。

このようにけっこう大変な車選びですが、そんな車選びを楽しくするためには、家族や恋人の意見を積極的に聞いたり、一緒に見に行ったりすることが効果的です。

実際に助手席に乗る人の意見と言うのは、重要です。
タグ:車選び

車の査定とペット

車を売ろうと考えている方で、よくペットを車に乗せている、という人は査定の前に対策が必要です。

つまり、査定によって買い取り価格が決まるということです。

査定のポイントは、車種、年式、走行距離、傷やへこみ、そして内部の状態などです。

車の表面は塗装や板金で直すことができますが、意外と問題になるのが、車内のにおいです。ペットを載せていると、車にペットのにおいが染み付きます。

飼い主はいつも一緒にいるのでなかなか気が付きにくいのですが、査定業者などに持っていくと、すぐに分かるようです。

そして、この車内のにおいというのは取れにくく、査定のマイナスポイントになりやすいそうです。

ペットだけではなく、車内で煙草を吸う人も注意が必要です。煙草のにおいは染み付くと取れにくく、また煙草を吸わない人にとっては不快なものです。

車用の脱臭剤などもありますが、長年積み重なったにおいは一朝一夕には取れません。

これから車を売ろうと考えている方で、ペットやたばこのにおいについて思い当たる節がある方は、査定に出す前に、消臭効果のあるグッズなどを使って対策を取ることをお勧めします。

廃車にすべきか否か?

頻度は人それぞれですが、車が動かなくなるほどの事故に遭うことも、決して珍しいことではありません。

また、事故は自分の不注意で起きるだけではなく、止まっているところに追突されたりといったもらい事故もあり、これだけ車が多いと、いつ何があってもおかしくはありません。

さて、車が動かなくなるほどの事故や故障になってしまうと、まず選択肢として浮かぶのが廃車です。廃車というのは車をスクラップにしてしまうことで、登録じたいも抹消されてしまいます。

ひどい事故の場合には廃車にする以外には方法はないですが、半壊程度であればまだ使い道はあります。

廃車かな、と思うような事故に遭っても、車の重要な骨組みが無事であれば、修繕によって元に戻ることも珍しくはありません。

特に愛着のある車の場合、事故に遭ったとしても修繕できるのであれば直してまた乗りたいと考えるが人情ですよね。

あまり想像したくはないことですが、今後事故や故障などで車が使えなくなった時には、すぐに廃車にしてしまうのではなく、リサイクルや修繕など、何か廃車以外の別の方法を模索してみると良いかもしれません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。